×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

<秋葉side

 

 

 

「……はぁ」

 

 

 先日の一件で瓦礫と化した我が家を見つめる。

 塀は所々破壊され、綺麗に整っていた庭は荒れ放題。屋敷に至っては全壊しているので、元の状態に戻すには……いつになる事やら。

 

 

「いっそのこと、形から何から全て変えてしまおうかしら」

 

 

 そんな事を考えながら、瓦礫の中を進む。

 

今日は女学院を休み、琥珀を付き添わせてここへ来た。

兄さんは学校、アキは散歩兼買い物。

 

 この用事は、できるだけ早く終わらせたい。

 

 

 

 

 

憑依in月姫

第十七話

 

 

 

 

 

「秋葉様、ありました」

 

「えぇ、御苦労さま」

 

 

 欲しかったものは父の部屋に置いてあった書籍類。

 ここの撤去作業は業者に頼んであるから、午後になればこれらの備品は私の元に届く。

 

 だから本来、このようにわざわざ朝早くに来て、瓦礫を退かす苦労なんてものはいらないのだけれど……。

 

 

 

 

 しばらくそれらを眺めた後、目に付いた本の一つを拾い上げ、中に目を通す。

 内容は……おそらく退魔の一族についてまとめたものだろう。七夜、浅神、巫浄、両儀といった言葉から読み取れた。

 

 ページを捲り、大まかに読み取っていく。

 この手の知識は、避けていたわけではないが別段積極的に読んでいたわけでもなく、そのため少々読みにくかった。

 

 

「……浄眼。本来見えてはならないものを視る」

 

 

 よくわからないが、超能力の一種なのだろう。

 問題はこの浄眼というものが、具体的にどういった力を行使するのかだけど……その先の頁は歴史について書かれていて、詳しい説明は見つけられない。

 

 

「琥珀、アキも兄さんと同じで“七夜の一族”よね?」

 

 

 傍らに控えている琥珀が静かに頷く。

 

そう、アキが七夜の一族であることは間違いない。

 本人は隠しているであろう戦闘訓練。何回か隠れて見たことがあるけど、身のこなしが明らかに一般人とは異なっていた。

 

 

七夜が暗殺術に長けているのは知っている。だったら、アキの運動神経の良さは七夜であることを証明づける証拠。

何より、本人が“七夜アキ”と名乗っているのだし。

 

 

(……けど、何で未だに七夜を名乗っているのかしら?)

 

 

 七夜の一族は数年前に壊滅している。

 滅んだ原因は知らないけど、その時の生き残りが兄さんとアキ。

 

 七夜と聞く人が聞けば、退魔の一族とすぐにわかる。

 相手に自身の情報を漏らすなど物騒なことこの上ない。まぁ、七夜という名に牽制や誇りがあるのかもしれないけど。

 

 

「駄目ね。これじゃないわ」

 

 

 本を閉じる。

 一応、最後まで目を通してみたものの、浄眼が何たるかについて詳しく書かれている様子はなかった。

 

 

「ねぇ、琥珀。普通の人は見えないけど、それらを視える人がいるとする。その人達は一体何を視ていると思う?」

 

「……幽霊、人の心、後は寿命とかでしょうか」

 

 

 だいたい予想と同じような答えが返ってくる。

 

 

(そうよね。だいたい、視えただけで相手を殺傷する能力なんて思いつかないし……)

 

 

 そもそも浄眼についての情報が少なく、まだ推測をする段階には早すぎる。

 

 手に持っていた本を置き、別の本を探す。

 

 

(……)

 

 

 探そうと思ったが、やっぱり止めた。

 その前に、さっきから無表情で突っ立っている琥珀に声をかける。

 

 

「貴女、どうしてそんな不機嫌な顔をしているのかしら」

 

 

 琥珀は朝から機嫌が悪く、ここまでもずっとこの調子。

 無表情というのは当てつけなのだろう。いつもと違うため、正直集中できない。

 

 

「顔に出ていました?」

 

「……普段うるさいあんたが、一言も喋らず無表情でいたら誰でも気付くわよ」

 

「それもそうですね」

 

 

 そっけなく答える琥珀は、初めて見るかもしれない。

 

 

怒っている原因はわかる。

 簡単だ。訊いたのは単に話を始めるきっかけ。心当たりはすでにあるのだから。

 

 

「何? あの場でアキを見捨てたこと、まだ恨んでるの?」

 

「はい」

 

「……はっきり言うわね。……アキの意図が私に上手く伝わっていなかった、と言ったら?」

 

「アキさんの考えを読み取ったのは私です。秋葉様には私から口頭で伝えましたから、間違えるはずはありません」

 

 

 逃げたのは単なる冗談よ、なんて誤魔化すことはできない。

 先日、私が取った選択肢は正真正銘、アキの見殺しをよしとしたものなのだから。

 

 

 だから、琥珀が私を軽蔑した目で見るのも納得できる。

 琥珀は、私もアキのことを当然のように“かけがえのない家族”として大事にしていると思っていたのだろう。

 

 

「貴女、やっぱりアキのこと好きなのね」

 

「……話を逸らさないでください」

 

 

 琥珀の眼が鋭くなる。

 アキを囮にした後、琥珀は慌てて私に問いただしてきたが、私はそれをまともに聞かなかった。

 

今は逆。私が琥珀に問い詰められている。

 

 

「ふぅ……、勘違いしているようだから先に言っておくけど、私は貴女や翡翠、兄さんほど、アキを信頼していないの」

 

 

 信頼していない。家族のように過ごしてきた者に対して、私のこの言い方は許せないのか。

 琥珀の無表情が微かに崩れた。

 

 

「アキさんは秋葉様のことを大事に思っています。傍で過ごしてきた私には、お二人の仲に問題があるようには見えませんでした」

 

「別に仲が悪いわけじゃないわ。アキには重要な仕事も任せてるでしょう?」

 

「……それでは、秋葉様は今までアキさんを騙していたんですね?」 

 

 

 口早に、私の返答に喰ってかかる。

 その様子に、嘘なしで私の考えを琥珀に伝えていいものなのか、悩む。

 

 

(私の行動は、責められるもの―――)

 

 

 でも、と自分の心に問いかける。

 

 私はそのことに今、罪悪感を感じているか?

 答えはすぐに出る。そんなものは微塵もない、アキに対しては。

 

 

 だったら……アキと琥珀の関係とは別の意味で近い、私と琥珀の関係なら、むしろ話しておいた方がよいかもしれない。

 

 

「ねぇ、琥珀。……父の暴行を止めてくれたのって、アキよね?」

 

 

 琥珀の身体が強張る。

 

この話は琥珀が喋ろうとしないため、私も詳しくは知らない。

昔にただ一度、初めて感応能力を必要とした時、私が疑問に思って訊いただけ。

 

 

「……はい。アキさんは槙久様の仕事を手伝っており、常に槙久様の近い位置にいたので、気付いた後に止めてくれました」

 

「それは前に聞いたわ。ただ、どうやって止めたのかは教えてもらってないけど」

 

「それは……」

 

 

 琥珀が一瞬、言いよどむ。

 

 

「……説得して、です」

 

 

 昔と同じ回答。

 この時だけ、琥珀は能面を被った様な顔をする。何かを隠すように。

 

 

(……いえ、隠すようにじゃないわね)

 

 

 何かを隠すために。

 今、琥珀の表情を見て私はそれを確信した。

 

 

 地面に散らばる書籍には、私の疑問を満たすようなものは見られない。

 もっとも、ある程度の瓦礫を退かしても地表に出せたのは少しだけ。

 

 私と琥珀は力もないし、業者にこの場を片づけてもらうまで、情報を得るのは我慢するしかないと諦めた。

 

 

 屋敷までは歩いて帰ろう。

 まだ私は、頭の整理ができていない。どちらかと言えば感情の整理だけど。

 

 

 そのためにも、私は琥珀に話しかける。

 話すことで、自分の気持ちを確かめる。

 

 

「琥珀、私の父がどうやって死んだか知っている?」

 

「……四季様が暴走し、止める際に命を落としたと聞いています」

 

 

 歩き始めた私の後ろに付く琥珀。

 そう、と私は頷いて言葉を続ける。

 

 

「親戚の方々も口を揃えてそう言っていたから、私もそう思って疑わなかったわ。……二日前まではね」

 

「二日前……吸血鬼に屋敷を襲われた日ですか?」

 

「えぇ、私はね、琥珀……父の死に際を見たのよ。だって四季に襲われていたのは、私と兄さん、それにアキだったから」

 

 

 あの時はアキの顔も名前も知らなかったけど、いきなり木から飛び出して助けてくれたのは印象的だった。

 

 

「当時はまだ幼かったし、記憶もおぼろげにしかなかったわ」

 

「なかった?」

 

「先日、地下で私たちがあの化け物に遭遇した時、アキが獣と戦ったでしょ。それで少し思い出したのよ」

 

 

 ……察しの良い琥珀は、私が何を言いたいか、もうわかったかもしれない。

 

 

「跳びかかってきたのを短刀で防いで、前足の爪は千切ってやり過ごしていたけど……どうして獣の足が何もしていないのに千切れたのかしら?」

 

 

 何もしていないのに、獣の足は突然に血を撒き散らして千切れた。

 その時に感じた既視感。

 

 

「……私の父は、四季に殺されてなんかいないわ。私は兄さんを生き返らせるのに精一杯だったから、周囲を見ている余裕はなかった。

それでも確実に言える。あの時、アキは父の近くにいた」

 

 

 葬儀で見た父の死体は綺麗だった。

 四季が父を殺したのなら、兄さんと同じように身体を抉られていなければおかしいだろう。

 

 

「アキのことは信頼していたし、家族のように思っていたわ。その事を思い出すまではね」

 

「……それじゃ、秋葉様は」

 

「アキが父を殺したと疑っているわ。アキの理由は何であれ、私がアキを見捨てたのはそう考えている……いえ、そうとしか考えられないからよ」

 

 

 アキに対してこれからどう接するかは、まだ定かでないけど。

 

 

 会話を遮るように携帯が鳴る。

 私ではなく琥珀の。

 

 メールだろうか、琥珀は画面を見て何か驚いているけど、私には関係ない。

 ……琥珀が驚くなんてのは、だいたいアキ関係だから。

 

 

 言うべきことは言った。

 あとは琥珀に任せよう。アキを私に向かわせるも、遠ざけるも、私からは動けない。

 

 

 今できる事は一つだけ。

 父について、七夜の生き残りである兄さんとアキについて、私はもっと知らなければならない。

 

 

 それ以外には、何をすればいいのかわからないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

/

 

小説置場へ

 


秋葉のターン。そして前回の行動の言い訳。

アキの名前云々はあまり深く考えてなかったので、突っ込まないでもらえると助かります。(--