×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

   *

 

 

 魔術回路の七割を強化に、二割を治癒に割き、一足の元に懐に跳び込む。

 

 

「――っ!?」

 

「慣れてませんから――加減は出来ませんよ、ランサー!!」

 

 

 荒れ狂う魔力を腕に乗せて叩きつけた。

 槍で受け止めたランサーの身体が宙に浮き、拳圧に軋む音が鳴る。

 

 

「ぐっ……野郎っ!」

 

 

 追撃を掛けるシエルから瞬時に距離を取り、間合いを確保するランサー。

 神速の連撃が、シエルを襲う。

 

 

 拳で迎え撃つも、逸らしきれない切っ先が身体を切り裂く。

 

だが、傷付いた矢先に癒される傷口。

莫大な魔力が、槍の呪いを上回り強引に傷を塞いでいく。

 

 

「まだ……まだまだですっ!」

 

 

 シエルの突然の変容にも、ランサーは初撃を許したのみに対応し切る。

 迫る槍を叩き落とし前進するシエルを、しかし距離を詰めさせない。

 

 

 剣術三倍段。

 得物のリーチ差から為る不利を覆すには、三倍の段位を要するとされた言葉。

 

 槍を構えるランサーに対し、シエルは無手。

 如何に肉体を超人の域に押し上げようとも、シエルの劣勢は変わらない。

 

 

 ――もっと速く、もっと熱く!!

 

 

 身体を鋼鉄に作り変え、放つ拳は雷の如く。

 

 崩壊する肉体、焼き切れる神経。

 それでも英霊に届くには、もう一つの壁がある。

 

 

 ランサーの槍がテンポを増す。

 

その槍捌きは天下一。

同等に並んだかに見えたスペックも、技量の前に押し返される。

 

 

「獣になれば噛みつけるってか! 甘過ぎるぜっ!!」

 

「――がっ」

 

 

 二撃。

 真紅の刃がシエルの肩を穿ち、頬を削ぐ。

 

 

 極限まで高めた動体視力。

反射の域は既に相手を超えている。

 

 

 だが、追い付かない。

 目まぐるしく変わる光景に、シエルはただ本能で拳を突き出すだけ。

 

 戦士としての読み合い、駆け引きに、シエルの思考が間に合わない。

 故に、それが戦士と獣の越えられない一線。

 

 

「――忌々しい肉体。……ですがっ!」

 

 

 出来ない筈は無い。

 これだけ人間を凌駕した身体を持ちながら、その程度を成せない訳が無い。

 

 蛇に見染められた、運命を狂わした己の器。

 

それでも――

 

 

 

 

「彼女が受け入れたのであれば、私だって――!」

 

 

 忌避する心を振り切り、砕く。

 

 脳内に魔力を流し込む。

 思考回路を活性化させ、情報の処理速度、絶対量を増大させる。

 

 

「この程度の槍捌きっ!」

 

「なっ、避け切るか!?」

 

 

 神経系を極限まで強化させて得た超反射能力。

 その速度域に、シエルの思考が到達して並び立つ。

 

 本能のみで対峙する獣としてではなく、

 

 

「貴方の槍――見切りました!!」

 

 

 神速の打ち込みを予測し、視認し、その全てを拳で弾く。

 

 

 ――――思考と反射の融合。

 

戦士として、槍を極めた英雄と実力を拮抗させる。

 

 

「――ちっ! 全て防ぐか!」

 

「ランサー、覚悟っ!!」

 

 

 槍の動きに合わせ、姿勢を屈め駆けるシエル。

 顔面に放たれた刃を紙一重で避けると同時、拳を返した。

 

 咄嗟に肩で防御するランサー。

 その顔が歪になり、紅い瞳が一層に輝く。

 

 

「ハッ――上等っ!!」

 

 

 体躯が盛り上がる。

 獰猛な牙をついに剥き出し、ランサーの気が膨れていく。

 

 騎士としての槍捌きに相乗されるのは、猛獣の如き荒々しさ。

 

 

 それをシエルは、熱くなる身体で迎え撃つ。

 

 上限など無い様に更なる速度を伴う刃。

 高速詠唱、数紋魔術を重ねてシエルは流れを引き寄せる。

 

 

 撒き上がるのは散らばっていた聖書の頁。

 途端に攻防を繰り返す両者を中心に、竜巻に似た陣を作り上げた。

 

 

「こいつは――結界か!?」

 

「貴方相手では目暗ましでしょうが……っ」

 

「解ってんじゃねぇか、ならよっ!」

 

 

 聖書は刃へと形を変え、全方から標的へと襲いかかる。

 

 対魔力を備えたランサーに対し、エネルギー体のまま放った所で意味は無い。 

 ならばと、シエルが抗したのは形態変化。

 

 

 だが、

 

 

「ボケてんじゃねぇぞ、魔術師っ!」

 

 

 一振り。

 矢避けの加護を纏う英霊に、この程度の射撃物では届かない。

 

 もちろん、シエルとて承知の上だろう。

 だからこそ、狙うのはこの直後。

 

 ランサーの正面から消えるシエル。

 囲む台風から刃を抜き取り、上空から一刀の元に斬り付けた。

 

 

「見えてんだよっ!!」

 

 

 ランサーの瞳が、シエルを完全に捉える。

 黒鍵と交差する様に突き出されたその切っ先は、見事にシエルの頭部を穿ち――

 

 

「――何っ!?」

 

 

 頭部を貫かれたシエルの肉体が、紙切れへと変わり果てる。

 

 舞い散るのは聖書。

 幻覚にしては余りに質量を感じさせたそれに、ランサーの思考が一瞬固まり、

 

 

「――聖書を用いた分身体か!!」

 

「だから目暗ましと言ったでしょう、ランサー!!」

 

 

 発せられる声は真下から。

 

 高速で繰り出された水面蹴りに、見事に足を払われるランサー。

 保てなくなったバランスは、ランサーの背を大地へと倒し打ちつけた。

 

 

瞬間、闘気が膨れ上がる。

 

 

「――ッ!」

 

「逃がしません!!」

 

 

 地に付いたランサー目掛けて、シエルの身体が捻られる。

 

 劈掛拳の技の一つ。

 気血を送り硬質化させた手刀が、上方から円を描いて敵を容赦なく叩き潰す!

 

 

「“烏龍盤打”――――っ!!」

 

 

 地面が揺れ、盛大に割れる。

 並みの生物なら容易に粉砕するその一撃。

 

 

「――ふぅ、どんな身体してんだよ、全く」

 

「ちっ……」

 

 

 間一髪、跳び退いたランサーは五体満足の状態で冷や汗と共に笑みを浮かべた。

 

 驚異的な回避力に、シエルの打撃は僅かに脇腹を掠っただけ。

 もっとも、ランサーのその部位は焼き焦げていたため、多少の損傷は与えられたのだが。

 

 

 ランサーの表情は、喜悦。

 己が負った怪我を見て、さも満たされたかの様に口を曲げる。

 

 

「……いいねぇ。これだ、これを味わいたかったんだよ、俺は」

 

「……」

 

 

 小さく呟くランサーに、シエルは今一度構え直す。

 

 

 戦闘狂。

 彼らのずば抜けて厄介な所は、何よりも疲れを知らない事。

 

 興奮状態が生み出す異常なアドレナリンの分泌に、狂った様に暴れ回るその姿。

 肉体を極限まで酷使させて戦うシエルは、短期決戦しか臨めない。

 

 

「ここんとこ欲求不満でな。昨夜にしたって、あれじゃ決闘には程遠い。

 しかしまぁ……今の姉ちゃんなら、貫き甲斐があるってもんよっ!」

 

「本当に戦いが好きなのですね、貴方は」

 

「荒れた時代に生きたからな。

 あんたは好きじゃねぇのか? 命を懸けた戦いって奴をさ」

 

「私は平和主義者ですから」

 

 

 全身に膨大な魔力を漲らしながら、そう口にするシエルがおかしかったのか。

 ランサーは目を丸くして声を押し殺す。

 

 

「くくっ、それにしちゃそこら魔術師の百倍は手応えがあらぁ。

 そんな奴が平和を語るのは……何だ、将来はお花屋かケーキ屋さんってか?」

 

「な、何でもいいでしょう! 貴方には関係ありません!」

 

「……図星かよ」

 

 

 イラついたシエルは刃を飛ばし、苦笑するランサーが軽く弾く。

 

 それが合図。

 二人の間に、これ以上の無駄話だと。

 

 

「身体が疼いてんだ。今度は間違って殺しちまうかもしれねぇが……」

 

「ご自由に。ですが、手加減して敵う程安いつもりはありませんよ?」

 

「ハッ、いい女だぜ、あんた!!」

 

 

 叫び声に乗せ、再び放たれた英雄の連撃。

 それにシエルも、全身全霊を持ってして対抗した。

 

 今のランサーに加減は無い。

 シエルを好敵手と認めた上での、騎士としての最大の賛辞。

 

 

 繰り出される刺突は、シエルの身体を削っていき。

 間合いを詰めた刹那に打ち込まれる打撃は、ランサーの容貌を歪ませる。

 

 英霊と化け物の、渾身の打ち合い。

 

 

 

 

 ――だが、時間が無い。

 

 

 接戦に見えるこの勝負。

 しかし形勢は、次第にシエルを追い詰めていく。

 

 瞬時に治癒される傷。

 英霊を上回る超反応、オーバースペック。

 

 

 それでも――擦り減る魂までは、どうしようもないのだから。

 

 

「――くらいなっ!!」

 

「かはっ……!」

 

 

 動きの鈍った一瞬。

 その隙に、ランサーの蹴りが炸裂する。

 

 迫った間合いを、大きく離されたその一打。

 それは、ランサーが構えを取るに十分な時間を稼がれる。

 

 

「行くぜ……振るえ、“槍術・初の槌”――――!!」

 

 

 気迫に満ちた一撃がシエルを襲う。

 

 蹴り飛ばされ、よろけた所に放たれた真紅の刃。

 

 

 回避、薙ぎ、高速に巡る思考の中――決断する。

 このまま打ち合ったとしても決定打は入らない。

 

 ――ならばっ!

 

 

「ハアァッッ――!!」

 

「勝負です!!」

 

 

 鬼気迫るランサーに、極限の集中力を持って応えるシエル。

 

 顔面を刺し貫く寸前に、両腕に魔力を伝い迸らせる。

 そして――白羽取り。

 

 超反射で切っ先を見切り、呪われた刃を掴み取った。

 

 

 

 

 ――筈だった。

 

 

 だが、その一撃はこれまで以上に速く、力強く――

 

 

「――――ぐっ」

 

 

 受け止めきれなかった刃が、シエルの顔面に突き刺さった。

 

 

「……く、咥えやがったか!?」

 

「ふぃ、ふぃりふぃりでふね……」

 

 

 負傷したのは喉奥を少々。

 両手と口で抑えつけた真紅の槍に、今度はシエルの目が光る。

 

 その瞳の奥に宿る力。

 ランサーがそれに警戒したと同時、上空から猛烈な風切り音が耳に届く。

 

 

「――チッ、こ、こいつは!」

 

「行きますよ、セブン!!」

 

「了解です、マスター!」

 

 

 咄嗟に跳んで下がるランサー。

 ワンテンポ遅れて、その場に爆発音が轟き響いた。

 

 

 大地に突き刺さったのは漆黒の鈍器。

 すぐさま引き抜いたシエルは、その先にある銀色の杭をランサー目掛けて突き立てる。

 

 振り回される剛腕。

 追いかけ様に横薙ぎに放たれたそれを、ランサーは槍を盾代わりにして防いで見せた。

 

 

 しかし、追撃はこれで終わらない。

 

 

「――――カルヴァリアっ」

 

 

 競り合った得物。

 シエルは右足をパイルバンカーの先端に置き、槍を挟むようにして力を込める。

 

 その行為の意図。

 それを考える間もなく、ランサーの心臓に――

 

 

「デスペアアアァア――――ッッ!!」

 

「ぐっ、おおぉおっ!!」

 

 

 備え付けてあった杭が連続して発射される。

 爆風、破裂音を轟然と鳴らしながら、ランサーを貫き抜かんと打ち出された。

 

 一撃でも貰えば昇天するそれを、間一髪、ランサーは転がって避け切った。

 

 

――が、その手に真紅の得物は無い。

 

 

 咄嗟の判断。

 槍を手放さなければ、瞬間的に身を逸らす事は不可能であった。

 

 

 そして、それこそがシエルの狙い。

 

 足に挟めたランサーの槍を遠くに蹴り飛ばすと、一直線に敵へと向かう。

 

 

 槍の英霊とて、肝心の武器がなければ戦闘力は極端に落ちる。

 損壊する肉体に喝を入れ、残された数分に全てを懸ける。

 

 打ち抜くのは人体の急所。

 リバーブローに次いで、ショートアッパーが綺麗に入り、ランサーの頭が揺れた。

 

 

「て――めぇええっ!!」

 

「ぐふっ!?」

 

 

 仰け反りながらも反撃するランサー。

 膝蹴りがシエルの鳩尾を穿ち、シエルの身体がくの字に折れ曲がる。

 

 

「くっ……負ける訳にはっ!」

 

「ハッ、喧嘩で勝たせる気はねぇぜ!」

 

 

 互いに洗練された技術は捨て、肉体言語で語り合う。

 

 

 拳の応酬であれば、ランサーが不利。

 だが、シエルの身体も朽ち始めている。

 

 先程までなら無手のランサーを圧倒出来たスペック差も、今では大幅に低下。

 超反射、思考速度共に、全開の六割まで落ち込んでいた。

 

 

 故に互角。

 

 避けるよりも相手にダメージを。

 殴られたら殴り返す、力を込めて振り下ろす。

 

 

 ――勝敗は、根性で決まる。

 

 

「さっさと倒れちまえよ、おらっ!」

 

「ま、まだ……たああぁあっ!!」

 

「金的!?」

 

「そして目潰しっ!」

 

 

 身が焼かれるのを感じながら、シエルは戦う。

 

マウントポジションを取られた瞬間、地面を砕き陥没させて脱出。

 即座にドロップキックを放つ――が、ランサーに足を掴まれ、勢いそのまま見事なジャイアントスイングを返される。

 

 頭部を強打。

 朦朧とする視界。

 

 

後は、意地の張り合いだった。

 

 

「――ああぁあっ!」

 

「へっ、ま、まだやる気たぁ……いい気合いだぜ、こら!」

 

 

 両者の口は血と土砂に塗れ、目蓋は青紫に腫れ上がり。

 それでも尚、前に進む。

 

 

「そういやそうだったな。こいつは競技でも戦でもねぇ。

 ――――喧嘩だ喧嘩っ! とことんやんぞっ!!」

 

「言われなくとも……最初から退く気はありません!」

 

 

 髪を掻き上げ、紅く濁った唾を吐き出すランサー。

 シエルも腰を気力で持ち上げ、全身に隈なく魔力を押し込む。

 

 駆ける。

 

 握り締められた拳骨が、鈍い音を立ててぶつかり合った。

 

 

 

 

 ――――――――

 

 

 ――そして、

 

 

死闘を制したのは青い槍兵。

 荒い息を吐きながらも、地に付いた足は未だ身体を支えている。

 

 その眼下に倒れたシエルを、熱を帯びた視線で見やる。

 

 

 文字通り、彼女は魂、肉体を擦り減らして英霊に挑んだ。

 唯一敗因を上げるのであれば――戦闘スタイル。

 

 この戦い方は、シエルのメインアームではなかったのだから。

 

 

「――くっ」

 

「……」

 

 

 徐に勝者が動く。

 離れた場所に飛ばされていた己の槍を、掴み――

 

 

「手向けだ。受け取りな」

 

 

 ふらつく身体で、ランサーは槍を構えた。

 

 その表情は喧嘩に熱狂していた先刻とは打って変わり、真摯な瞳でシエルを見据える。

 

 

禍々しい魔力が、槍の切っ先を中心として渦を巻く。

 それは――宝具の解放。

 

 

「殺す気はなかったが、ここまでやられちゃ話は別だ。

 ……嘗めて悪かったな」

 

 

 あんたは正真正銘の“化け物”だよ。

 そう口にするランサーに、シエルは仰向けになったまま微妙な面持ちを形作る。

 

 

「……うぅん、あ、余り嬉しい言葉ではありませんね」

 

「何だ? 化け物と認められたいんじゃなかったのか?」

 

 

 自分を“化け物”と受け入れているさつき。

彼女に負けじと、シエル自身も皮肉で無く正面から受け止めたかっただけである。

 

 今思うと、他人がどう認識するかは二の次で構わない気がしてきたが――

 

 

「ともあれ……これで終わりだ」

 

「……」

 

 

 殺気が、死の気配が膨れ上がる。

 

 

 ここで死ぬ訳にはいかない。

 

 “化け物”と受容したシエルは、まだ彼女らの行き着く先を見ていない。

 何をすべきか定まらない――だからこそ、生き続けなければならないのだ。

 

 

 記憶の貯蔵庫から、早急に検索し魔術を探す。

 

 この状態、状況でも逃れる事の出来る手法。

 魔術協会における最上位に匹敵するシエルであれば、決して不可能とは限らない。

 

 

 

 

 ――――しかし、ここから状況は覆る。

 

 

「待ちなさい、ランサー……いえ、クー・フーリン!」

 

 

 木々の間から響く女性の声。

 

 振り向いた先には、スーツを着込んだバゼットの姿。

 その右手には群青色の球体が、拳の上で浮きながらに魔力光を発している。

 

 バゼットの瞳は、ランサーだけを捉えていた。

 

 

「……」

「この“斬り抉る戦神の剣(フラガラック)”の効果は貴方にも教えた筈です。

 ……槍を引きなさい、ランサー」

 

 

 睨み付ける。

 が、バゼットの額には既に玉の様な汗が幾つも見れた。

 

 

 ――無理だ。

 

 

 シエルを追って来たのか、この冬木を纏う陰鬱な気配を辿ったのかは分からない。

 

 ただ、今この瞬間に英霊と対峙している事は紛れも無い事実。

 そして昏睡から目覚めたばかりの彼女に、高位の魔術が扱える筈も無いのだ。

 

 

 その拳に浮かばせた物は、ハッタリ以外の何物でもない。

 

 だと言うのに、ランサーがシエルに放った言葉は、

 

 

「……ちっ、行きな」

 

「ラ、ランサー?」

 

 

 恐れている訳ではない。

 ランサーの性格を考えれば、例え脅しが本物であったとしても引き下がる男では無いのだから。

 

 ならば、何故。

 

 疑問を浮かべるのも束の間、これを好機にシエルは身を早々に下がらせる。

 

 

 理由はどうあれ、逃げれるのであれば有り難い。

 警戒を解かずバゼットと目線を見合わせると、そのままゆっくりと後退していく。

 

 替えの利かない第七聖典だけを拾い上げ、法衣に戻す。

 そうして、悲鳴を上げる肉体をもう少しだけ酷使して――シエルはバゼットと共にその場を去った。

 

 

「……私は洋館に戻ります、バゼットさん」

 

「付き合いましょう。良ければ治療を手伝わせて欲しい……その、貴女にはとても大きな借りがありますし」

 

 

 身体を引き摺るシエルに、バゼットはよろけながらも肩を貸す。

 

 

「それにしても酷い怪我だ。最低三日は要しますね、これは」

 

 

 半ば称える様な口調。

 英霊と渡り合った事に驚愕しているのか、バゼットの口調は少し明るい。

 

 だが、それに対して返すシエルの表情は苦笑い。

 

 

「治癒に当てるのは夕方までです。

 取り敢えず今から使い魔を飛ばし……出来れば、夕方には動きましょう」

 

 

 ――――会いたい人達がいるんです。

 

 

 そう言いながら首を振り、シエルは己の意趣をバゼットへ伝えた。

 

 

 

 

 

憑依in月姫no外伝

第三十二話

 

 

 

 

 

   *

 

 

 マフラーに顔を埋めながら、肩に乗った黒猫を優しく撫でる。

 有間の玄関を抜けて外へと顔を出した少年――――志貴は、屋根に向けて声を掛けた。

 

 

「おーい、アルクェイド! 見つかったか?」

 

「ん、全然ね。やっぱりいないんじゃないの? 叔母様も秘密にしてたんだし」

 

「……旅行、って訳じゃなさそうだよなぁ」

 

 

 呼び掛けに応えて志貴の隣へと降り立ったのは、白き吸血鬼。

 

 その言葉を聞いて、志貴の肩ががくりと下がる。

 耳元の猫が、慰める様に小さく鳴いた。

 

 

「そうなると……やっぱり、秋葉が行った冬木って所かな?」

 

「割とそこに集まってるんじゃない。

 だって妹も使用人も女顔も、おまけにあの吸血鬼だっていないじゃない」

 

 

 頷く志貴。

 寒天の下、長く離れた己の家族へと想いを馳せる。

 

 三咲町に戻った志貴に、しかし迎える者達はいなかった。

 否、都古ちゃんや有間の方は迎えてくれたが、本当に会いたかった人達の姿はなかったのだ。

 

 

 遠野の屋敷は、崩壊してから一年経つと言うのに未だ土台の建築中。

 

 離れにも生活の跡が無く、不思議に思い有間を訪ねてみれば――

 

 

「秋葉の奴、仕事なのか?」

 

「私に聞かないでよ。そもそも、志貴の妹とまともな会話なんてした事ないんだから」

 

 

 つい先日に、秋葉は翡翠を連れて関西の方へと向かったらしい。

 そう、有間の叔母さんは何となく機嫌を良くして志貴に教えてくれた。

 

 ただ、アキハや翡翠の姉の琥珀に限っては、口を濁していたけれど。

 

 

「……行くの?」

 

「ん」

 

 

 志貴の腕を掴んでアルクェイドは囁く。

 白い吐息を、口から漏らして。

 

 

「そう……だね。叔母さんがアキ達の事を隠しているのも気になるし、案外、厄介事に巻き込まれてるかもしれないだろ? 魔は魔を引き寄せるって言うしさ」

 

「あぁ〜、そう言えば、女顔って志貴と同じ退魔だったわね」

 

「女顔じゃなくてアキだってば……」

 

 

 からかう様に笑うアルクェイドに、溜め息を吐く志貴。

 それに、と頬を掻いて言葉を続けた。

 

 

「ここにいると……ほら、ね」

 

「ブルーに見つかっちゃうから、でしょ?」

 

「一応、必要な魔術は全て習得出来た筈なんだけど……」

 

「そうね。だいたいブルーってば攻性魔術以外は並みなんだから、これ以上志貴に教えられる事なんて無いのに……あー、何か腹が立ってきたわ」

 

「あの、先生がいない時くらいゆっくりさせて下さいよ、アルクェイドさん」

 

 

 結構真剣な志貴の願いに、キスしたら考えてあげるーと甘えた声を発するお姫様。

 

 仕方ないので、志貴はキスをする。

 ――レンに向けて。

 

 

「そ、そんな馬鹿にゃああぁああ――――!!」

 

「煩いぞ、もう」

 

「私によ、私に!

と言うか、レンもこういう時だけ人型に戻ってるんじゃないわよ! いつも志貴の肩とか頭に乗ってる癖にぃ!!」

 

 

 少々目立ちながら、三人は駅の方角へと足を運ぶ。

 

 

 一回り大きくなって三咲へと帰って来た殺人貴。

 家族に会うため、加えて青子の手から逃れる為――

 

 

 志貴は再び、三咲の外へと踏み出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

/

 

小説置場へ

 


タイトル前後の文量が間違っている気がしなくもない。

聖杯戦争も中盤終えて終盤へ。今回は合流フラグの話でした。